1. トップページ
  2. 産後太りの5キロを落とす「痩せる習慣」5つ

産後太りの5キロを落とす「痩せる習慣」5つ

Presented by 「産後太り解消ダイエットの奥義

【1】よく噛んで食べる
よく噛むのは消化に良いだけでなく、満腹感を得られるのでどか食いを予防できます。赤ちゃんのお世話に追われる中でしっかり食事に時間を取るのは難しいかもしれませんが、せめて夕飯だけでも時間をかけてとるようにしましょう。
【2】夜寝る3時間前にはなるべく食べない
朝も夜中も構わず泣いたり授乳したりするのが産後ですから、正直夜の就寝といっても、「3〜4時間おきに寝たり起きたり」ですから「寝る3時間前」と言われても困る、と思うかもしれません。あくまでこれは「夜の就寝前」という事で、夜寝る前には少なくともあまり重いものを食べてしまわないようにしたいですね。
【3】骨盤をしめてウエストを意識する
あと5キロ痩せるために「痩せたい。痩せるのだ」と意識を強く持つのはとても大切。妊娠前の体を想像したり、妊娠前に着ていたお気に入りの洋服などを出してきて、「これを着られるようにがんばろう」と意識しましょう。特に産後は骨盤がゆるんだり、ゆがんだりして痩せにくくなっています。ウエストを意識すると共に、無理のない範囲で骨盤のバランスを整える運動をしたり、産後の骨盤矯正ベルトのようなものも活用してもいいですね。
【4】野菜などから食べて炭水化物は最後に
これも高カロリーのものや炭水化物を過剰に摂取しすぎないようにするにはよい習慣です。産後は授乳もしていれば、普段より高タンパクで高カロリーの食生活が必要な場面もありますから、極端なカロリー制限のダイエットはできません。それより、「どか食いを防いで、徐々に体重を落として行く」ことを考えましょう。
【5】ストレスは楽しい事で解消する
つまみ食いやおやつでストレス解消をしつづけると、体重がなかなか落ちなくなってしまいます。育児ストレスや疲れを解消するのは何より大切なので、食べることで楽しくなるなら無理に止める必要はないのですが、できればもっと他の「好きな音楽を聴く」「DVD鑑賞」「子どもと散歩」など別のことでストレス解消をしたいところですね。

痩せる体を作るためには、体の新陳代謝をアップさせることも重要です。最近はサプリメントや酵素ドリンクなど体内の消費カロリーを上げるためのものもたくさん出ているので、産後の体に優しいものを選んでみるのも良い方法です。